<   2011年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

本日のグラスワイン&もろもろ

昨夜、僕だけ早くお店をあがって静岡は磐田まで車を飛ばす。

28日のお昼、ばあちゃんが亡くなりました。

あとちょうど1ヶ月で100歳だったのに残念…。しかしほんとに凄いなぁ。
野田総理とかから表彰状もらってるし(笑)


さすがに大往生、悲しい雰囲気はそこそこに、親戚で昔話に花を咲かせました。
小学生以来のいとこでも、楽しく話しが出来るのってやっぱり血のつながりかなぁ。

ちなみにこのおばあちゃんにはホントによく怒られました(笑)彼女曰く僕は
変な子だったそうです…。

結構いいとこのお嬢様だったそうで、そのおじさんが「ビルマの竪琴」の著者というのも
初めて知りました。そのお家から女学校に行かせて貰っていたなんて、なんだかドラマの
世界みたい。そんな話、直接聞かせて欲しかったなぁ。


さて、今日はとんぼ返りでヘロヘロですが、なんだか頑張れそうです(笑)


今日のグラスワインは昨日と一緒のこいつ!


a0114049_15362724.jpg



やっぱりジャロリエールでした!
[PR]
by blogko | 2011-09-30 15:41 | annonce | Comments(0)

本日のグラスワイン

友人からメールあり。


a0114049_16575772.jpg



調理師学校の同級生で、卒業後も常に連絡をくれていた彼。

パリのHIRAMATSUで働いていた時、お店を訪ねたこともありましたね、懐かしい。


地元である大阪や馴染んだ東京をではなく、パリを独立に選んだ事は
夢の始まりという以上に、今のフランス料理業界を把握し、そして

「勝てる」

と思ったからなのだと思います。僕と違って本当に優秀な彼、期待しています!


さて、本日のグラスワイン。


昨日の弘屋はボトルオーダー多し!ということで半分以上残っていて…。

それならまたあの企画、ということで今日はこちらで、


a0114049_17125569.jpg



ドメーヌドラプスドール ポマール 1994年


同じドメーヌ、ヴィンテージですからヴォルネイとポマールの違いを楽しんで頂けるのでは
と思います。これも格落ちワインですので何が出るかなぁ。ジャロリエールとか…、楽しみですね。


こちらのワイン、100mlで1,800円。

ただし、ヴォルネイと同時に飲んで頂くと2杯で3,000円とさせて頂きます。
[PR]
by blogko | 2011-09-29 17:20 | annonce | Comments(0)

本日のグラスワイン

昨夜の格落ちワイン、評判良し!

実はボトルでも開いたので2本ほどテースティングしましたが、やはり
97年はず〜っと飲み頃ですね(笑)

ちなみに2本共カイユレ畑。Sさん情報だと96年はクロドラブスドールということで
在庫を探してみましたが在庫表にはあれどワインは見つからず…。


ということで今日はこちらのワインで、


a0114049_1715624.jpg



ドメーヌドラプスドール ヴォルネイ 1994年


ブルゴーニュでは全く買わない94年というヴィンテージ。でもこのドメーヌと
モレサンドニのデュジャックは外れた経験なし。超有名ドメーヌでも94年は
ほとんど手を出しませんから、プスドール、なかなかやりよります!

昨日と同じで格落ちワイン、何が出るかは開けてからのお楽しみ!(笑)


こちらのワイン、100mlで1,800円となります。
[PR]
by blogko | 2011-09-28 17:07 | annonce | Comments(0)

本日のグラスワイン

めっきり秋らしくなりましたね。

ワインのオーダーも赤ワインがぐっと増えて来たような気がします(笑)

相変わらずネタ不足なのですが、昨日開けた96年も最後までしっかりと
果実味を残していました。

案外古くてもいけちゃう?(笑)


ということで今日はこちらのワイン、


a0114049_17125025.jpg



ドメーヌ ドラ プスドール  ヴォルネイ 1997年

オフヴィンテージと呼ばれる97年。でも開けてみるといつも美味しくてかれこれ
15年ほど飲み頃が続いているイメージ(笑)

天才、ジェラールポテルがいた頃はもちろん、現在も非常に高品質でお値段も
どんどん上がっているようですね。

ちなみにこのワイン、村名格になるのですが、実は抜栓したコルクには1級畑の
名前が記載されています。いわゆる格落ちワインですね。

どういう理由でそうしたのかはわかりません。1級だとある程度の値付けになりますので
まとめて売るために安くする必要があったのかも。まとめてお金が必要だったとか(笑)

どの畑かは開けてみるまで分かりませんので自信のある方はぜひブラインドでどうぞ!

こちらのワイン 100mlで1,800円となります。
[PR]
by blogko | 2011-09-27 17:26 | annonce | Comments(0)

プレオープン御礼&本日のグラスワイン

この2ヶ月で計6日間、なんとか終わったプレオープン(笑)


a0114049_1433163.jpg



足りない物がいっぱい見つかりましたが、同じようにちょっと良い事も色々と…。


たくさんのご来店有り難うございました。上質なカジュアルという物を考えながら
皆様に寄り添えるお店を作っていきますね。

さて本日のグラスワイン。

土曜日の89年、最後はやはり自分で飲みましたがホントに奇麗なワインでした。
やはり色合いは大事ですね。

本日も少しだけ古めのワインを


a0114049_1440241.jpg


ドメーヌレシュノー ニュイサンジョルジュ  1996年

ビッグヴィンテージと云われた96年。ただ実際に飲んでみるとタフな酸を感じることが
多くて、飲み頃はいつなんだろうと思っています。
レシュノーのワインはあまり飲む事がないのですがイメージとしてはモダンな作り手。
美味く酸を使いこなせていると良いのですが。

こちらのワイン、100mlで2,000円となります。
[PR]
by blogko | 2011-09-26 14:46 | annonce | Comments(0)

HTS臨時オープンのお知らせ

最新の記事はこの下です!


暑い日が続きます。


今日も朝(僕にとっての)からDMの打ち合わせをしていました。

新しいワインショップの形を模索しているのですが、料金の設定など
色々と課題が山積みですね(笑)

コンセプトは

「ワインショップ以上、飲食店未満」

イートインスペースと試飲スペースの上手な使い方など上手くDMで
お伝え出来るといいのですが。


さて、また臨時営業のお知らせです。


9月24日、25日と営業致します。(24日弘屋はお休みします)

臨時営業(ウェルカムシャンパン付き^^)は今回で最後になりますので
もしご都合がよろしければご来店頂けると嬉しく思います。

あくまで臨時営業ですのでフードなどはあまりご用意出来ません。
フードの持ち込み、イカ焼きとか…、大歓迎ですので(笑)

a0114049_15253710.jpg


ご来店の際は一度ご連絡下さい。

お待ちしております。

ワインショップ[HTS]
560−0021
豊中市本町1−2−45
TEL 06−7175−4135
営業時間 12:00ー20:00
[PR]
by blogko | 2011-09-25 20:00 | annonce | Comments(6)

本日のグラスワイン

今日は少し古めのワインで。


a0114049_16592216.jpg



ジュルベラン ニュイサンジョルジュ レプリュリエール 1989年


まったく経験のない生産者(笑)そうそう、この企画はなかなか開ける事の出来ない
ワインの試飲もかねております^^

ちょっと調べてみると86年以前はデュジャックで腕を磨いていたとの情報が…、ほんまかいな。

まぁそれは開けてみてのお楽しみ。

なかなかグラスで飲む事は難しい89年ヴィンテージ。外から見た色合いは非常に奇麗で
透明感も素晴らしい!期待出来るのでは。残ったら飲んじゃうつもり満々(笑)

こちらのワイン、100mlで2,000円となります。

そうそう、ワインの古酒で当たり外れはつきものですが、一番あてになるのはワインの色調でしょうか。

最近61年のワインを購入したところあまり良い色調(自分調べ)ではなかったので早めに抜栓。
案の定熱劣化系のダメージのを感じたのでインポーターに連絡。

僕的にはああいう色調は出来れば検品の時に教えて欲しいということを伝えたかったのですが、

1、到着後、すぐに抜栓はありえない!(それはそうだ)
2、検品は完璧!
3、満月で古酒を開けるなんてあり得ない!(最近満月ワインバーが流行ってるそうです)
4、ブショネの交換はしない!何故なら一般的に云われるブショネの80%はブショネではない!
        (ブショネとは言ってないし、交換してとも言っていないのですが…)


などなど、さんざん叱られてしまいました(笑)

最近も輸送の件でお話をしたのですが、結局なんか怒らせてしまったようで相性が悪いのかなぁ。

もう10年近くワインを買っているのですが信頼されてないんですね、僕は(泣)。

おっと愚痴になってきた、仕事仕事…。
[PR]
by blogko | 2011-09-22 17:19 | annonce | Comments(0)

本日のグラスワイン&もろもろ

予約はなかったものの取りあえずお席が埋まってホッとした昨夜。

さ〜っとお客様が引いた直後、常連の方がBAR使いで来店、ありがたや(笑)

カレラのバックヴィンテージを飲んで頂いたあと、

「もう少しグラスで何か?」

という難しい質問…。うーん。

間違いのない所でと選んだワインは一度グラスで使ってとても印象に残っていたこちら!


a0114049_168529.jpg


マルキ ダンジェルヴィーユ ヴォルネイ クロデデュク 2000年


こちらのワインはケースで買って寝かせていたもの。前回開けた時はドンピシャな
タイミングだと思ったのですが、昨夜の物はうーん、ちょっと早いかなぁという印象で
お客様も同意見。ボトル差があるのはもちろん分かっているつもりですが、〆の1杯には
少し残念でしたかね、すんません。

そういう意味で今日の方が開いていると期待したいところですが、どうなっているのやら(笑)

こちらのワイン、100mlで2,200円となります。



ちょっと話はそれるのですが…


いつも見ているブログでとある記事を見つけました。

ブラックスワンで有名(映画じゃないです)な、ナシム・タレブに
福島原発事故についての質問をした翻訳文。長文注意です(笑)

いくつか非常に大切な事が書かれているように思います。お暇なら読んで見て下さい。



質問:福島の原発事故は、ブラック・スワン的な事象ですか?

ブラック・スワンか否かは立場によって違う。七面鳥にとってのブラック・スワンは肉屋にとってはそうではない。福島事故は、人間にとってはブラック・スワンだが、自然の中では周期的な出来事だ。しかしこのように非常にまれな出来事を想定するとき、人はその確率を過小評価しがちだ。

資本主義は、リターンを受け取るものがリスクも負うときはうまく機能するが、高い防波堤を建てることによる利益がはっきりしないと、津波の確率を低く見積もるインセンティブが生じる。事故が起きたら、会社が確実につぶれるというペナルティが重要だ。

質問:リスクは測ることはできますか?

非常にまれな出来事については期待値も分散も計算できないので、従来の統計学的モデルによるリスク推定は使えない。こういう問題については、発見的リスクと私が呼んでいる方法を使うしかない。これは試行錯誤で経験に学ぶ方法だ。

ファイナンスでいえば、AAAのはずの債券がジャンクだったら大変なことになる。こういうことが一度でもあったら、確率とは無関係に最悪の場合を基準にして行動すべきだ。リスクを管理するモデルが誤っているというリスクも考える必要がある。

最悪の場合を考えたら、原発の建物はもっと頑丈につくるべきだった。それが経済性に見合わなければ、原発そのものを放棄することも一案だろう。東日本大震災のような怪物的なリスクを事前に予測することは不可能であり、前例は参考にならない。

質問:著書で「日本人はランダムネスの扱いがへたなので、人々はボラティリティを避けようとして破滅(blow up)をまねく」と書いておられるのは、どういう意味でしょうか?

それが福島で起こったことだ。日本人は小さな失敗をきびしく罰するので、人々は小さくてよく起こる失敗を減らし、大きくてまれな失敗を無視する。アメリカは小さな失敗にも大きな失敗にも寛容だ。

私は大きな失敗はよくないと思うが、小さな失敗はむしろ好ましいと思う。イノベーションは、小さな失敗の積み重ねだ。イギリスの産業革命は、試行錯誤と失敗から生まれたのだ。これは「ブリコラージュ」と呼ばれる発見的な過程だ。あなたは小さな失敗を積み重ねることによって新しいことを発見するのだ。

だから日本人は、小さな失敗を許すべきだ。カリフォルニアには“fail fast”という言葉がある。いかに失敗するかを知っていることが、ハイテク企業が生まれる理由だ。日本人は既存のフレームの中では問題を受け入れるが、そのフレームを変えようとすると、失敗を恐れる。

私の本の中で二つのペイオフを論じた:一つは、日常的に小さな利益を得て、大事故ですべてを失う――これが福島事故だ。もう一つは、普段からボラティリティが大きいが、破滅的な事故は起こらない。

『ブラック・スワン』の新版では、ボラティリティを恐れることが世界を脆弱にしていると論じた。自然はボラティリティをもっているので、それを抑圧すると爆発するのだ。

たとえばアメリカの中東政策は、各国の非民主的な政権を援助して見た目の安定を実現したが、アルカイダのような破滅的なリスクをまねいた。レバノンは日常的にテロが起こっているが、戦争は起こらない。イタリアでは戦後、60の政権が交代したが安定している。

質問:日本は想定外の出来事にどう対応するべきなのでしょうか?

ボラティリティを恐れないで、破滅を恐れるべきだ。ローマ人は「揺れる船は沈まない」と言った。小さな変動は望ましい。危ないのは、それを人工的に抑圧することだ。バブルの崩壊は、こうした問題の先送りによって起こる。
[PR]
by blogko | 2011-09-21 16:24 | annonce | Comments(0)

本日のグラスワイン

3連休、開ける間もなく3連休。

前回の台風の被害に追い打ちをかけるようなひどい雨、油断大敵!


先週から完全なネタ不足に陥っている本日のグラスワイン。そろそろブルゴーニュ以外
も考えないと。弘屋的にはブルゴーニュ専門店というわけではないのに、なんでなんでしょうねぇ(笑)


さて本日はこちらで、

a0114049_16443144.jpg


ドメーヌフーリエ シャンボールミュジニー 1997年

どんどん人気が出ているドメーヌフーリエ。ジュブレシャンベルタンのイメージが
強いのですがシャンボールミュジニーも作ってるんですね。

エチケットに「RED BURGUNDY WINE」と表記が。裏のエチケットも英語表記で
どうやらイギリス、アメリカ向けのボトルのようです。確かに人気がありそうな味わい。

こちらのワイン、100mlで2,200円となります。



雨の連休明け火曜日。誰か喰い付いてくれないだろうか(笑)
[PR]
by blogko | 2011-09-20 16:49 | annonce | Comments(0)

イタリア地方料理研究会

久しぶりの連休。

昨日はとても楽しいイベントが三つもあってご機嫌&ヘベレケ(笑)

お陰でお昼近くまでぐっすり眠れて今日は元気です。


そのイベントのメインが関西のイタリアンが集まってイタリアの地方料理を
テーマにしたその名も「イタリア地方料理研究会」

今回で3回目で僕自身は始めて参加(お客さんでですよ)したのですが、いやぁ凄かった。


a0114049_1431737.jpg



前菜からデザートまで20種類ぐらいがヴォリューム満点で続々登場。
メインが出て来た時にはすでにお腹はMax状態(トラトラ虎〜)…。


色々印象に残った料理もあったのですが、イタリアンはやはりパスタ、リゾットでお客さんを
ぐっと掴むよなぁと納得。フレンチでああいう料理はないのか?といつも思うのですが…。
弘屋のお料理をフレンチと名乗らないのもパスタやリゾットをやっていることが大きいですしね。

立食形式はなかなか難しいとは思いますが、こういうイベント、とにかく続けてもらいたいと
思いますね。

今回は同業者というより、何度か弘屋に来てもらったお客様達にまたお会い出来たのもほんとに
嬉しかったです。いい営業になったかも、ふふ(笑)


ほんとに満腹!ごちそうさまでした!!
[PR]
by blogko | 2011-09-20 14:39 | ordinaire | Comments(2)


弘屋 、 HTS、もろもろ…


by blogko

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
annonce
お茶の御稽古
ordinaire
foot
food
Velo
まき埜
Uf-fu
Mark Best
マツケン食堂
VIN
music
Faro Del Poniente
Book
la cime
一椀水
羽山料理店
楽亭
鶴八
KUSUMOTO
きよた
キッチン和
BOCCIO
ランジュヴァン
wine
蕎麦屋 木田
大西亭
Cuisine d' OSAKA Ryo
Le Noeud Papillon
又三郎
土佐堀オリーヴ
Hotel de yoshino
野口太郎
la baleine
Le Bon marche
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月

最新のコメント

> リバーさん ロ..
by blogko at 15:03
プリューレ・ロックは、「..
by リバー at 17:25
TAKU様 このブ..
by blogko at 14:15
リバー様 インポー..
by blogko at 13:59
こちらのドメーヌ、初めて..
by リバー at 15:02
リバー様 ブログや..
by blogko at 13:44
「今回でメオも・・・」の..
by リバー at 14:37
Nobbieさん ..
by blogko at 14:12
ありがとうございます。 ..
by Nobbie at 13:40
Nobbieさん ..
by blogko at 14:18

メモ帳

最新のトラックバック

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

料理・レシピ
レストラン・飲食店

画像一覧